読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風花鳥

ハンドメイド作品の公開と、日々の徒然なること。

鳥篭ドールハウスのお嬢様。

ドールハウス ドール

f:id:sobraniepinks:20170131212937j:plain

f:id:sobraniepinks:20170131212912j:plain

f:id:sobraniepinks:20170131213009j:plain

f:id:sobraniepinks:20170131213039j:plain

f:id:sobraniepinks:20170131213055j:plain

鳥篭ドールハウスがどう見ても牢屋に見えてしまうのです。

我が家のドールハウスは大きなお部屋が1つ。小さなお部屋が2つ。そして鳥篭のお部屋で、合計4部屋です。最後に鳥篭のお部屋を作った時にはまだ水色の髪の子は我が家に来ておらず、鳥篭に合わせてメイクを致しました。少々濃い目です。睫もばさばさでございます。黒髪の子と並ぶとなんだかお姉さんに見えます。

髪型の当初のイメージは鳥篭の小鳥でしたので、クリーム色のモヘアでウィッグを作ったのですが、なんだか上手く行かずに暫く放置していたのですが、改めて、水色のウィッグを購入致しましたので撮影です。

お着物はまだ鳥篭のお部屋用の物ができておりません。前に見つけた古着物のはぎれて作った物でございます。髪が水色ですので、この水色のお着物は合うかしらと思ったのですが、なんだか少し寒そうですね。黒髪の子にファーの襟巻きを差し入れられております。彼女と、このお部屋に合わせた新しいお着物が作りたいですね。ピンク色の豪奢なお着物か、いっそ、真っ赤な襦袢でも良いかもしれませんね。そして足袋と下駄ではなく、ヒールとか。間違った日本文化みたいな感じの、お着物をガウンとかにしちゃう感じとか、楽しそうです。帯ではなく腰紐を前で大きなおリボンにしたり。でもって、壁に帯のように見せたファブリックを飾るのも良いかもしれませんね。ティーセットを和風の物に変えて、和菓子を添えて。テーブルクロスにちょっとシックな色のものを敷いて。嗚呼、久々に夢想を始めてしまいました。楽しいです。もう、完成とか言っていないで、どんどん色々増やして行きたいです。

 

ドールハウス・コーディネイト・レシピ (Dolly*Dolly BOOKS(ドーリィドーリィブックス))

ドールハウス・コーディネイト・レシピ (Dolly*Dolly BOOKS(ドーリィドーリィブックス))