風花鳥

ハンドメイド作品の公開と、日々の徒然なること。

我が家のお嬢様紹介6人目。

f:id:sobraniepinks:20180708000952j:plain

f:id:sobraniepinks:20180708001009j:plain

f:id:sobraniepinks:20180708001015j:plain

f:id:sobraniepinks:20180708001022j:plain

f:id:sobraniepinks:20180708001020j:plain

f:id:sobraniepinks:20180708001026j:plain

 

六人目は「蒼子」

オビツ24cmボディM胸ホワイティ使用。21-03ヘッド。

我が家で一番新しいお嬢さん。祖母との展示会後に購入した唯一の子。隙あらば新しいお嬢さんが欲しくてタイミングを伺っているのですが、彼女は近所の雑貨屋さんで一目惚れしたアンティーク風の鳥篭をドールハウスに作り込み、そこに合う小鳥のようなドールが欲しいわと、先にお部屋があって購入致しました。

当初、ウィッグも手作りしようとモヘアの毛で試行錯誤したのですが、上手くまとまらず、結局、秋葉原で手に入れた水色のウィッグを合わせました。ですが、こうしてお写真を見返してみますと、やっぱりモヘア金色ウィッグが良いなと思ったり。そのうち、ウィッグ作りもリベンジしたいですね。

メイクは、他の子に比べてかなり濃いです。我流で何となく始めたドールメイク、気が付くと厚化粧になりがちで、当初、何度もやりなおしていたのですが、この子は展示会も終り他の子とのバランスなど気にする必要もなくなったので、ちょっと自由にやってみようかしらと。

彼女はシロさんと比較しながらカスタムしました。シロさんがL胸で巨乳さんなのに比べて、蒼子はM胸の標準サイズ。流石にL胸ですとお着物を着せた時に少々窮屈で、S胸ですと変に皺がよってしまうので、M胸が一番綺麗に着せられるなと。そして、睫。バサバサではあるのですが、シロさんに比べて目に光が入り易いのは睫の密度が少ない物を使用しているからです。

蒼子は個性が強いお嬢さんのためか、あまり外に連れ出してはおらず、先日、雅叙園に行った位かしら。ですので、あまりお写真もなく。キャラクターも特に確立しておらず。ただ、水色の髪色にピンク色系のお着物が似合うな。年齢はクロ子とボンバより年上で、シロさんと同じ位かしらとか、それ位。これからお衣装を増やしたり、お出掛けしたりしながら、段々と色々な人格が出来上がっていくのかなと思います。

 

21HD-F03W 21-03ヘッド 1個入り ホワイティ

21HD-F03W 21-03ヘッド 1個入り ホワイティ

 
ゆかたのドール・コーディネイト・レシピ (Dolly*Dolly Books)

ゆかたのドール・コーディネイト・レシピ (Dolly*Dolly Books)

 

我が家のお嬢様紹介5人目。

f:id:sobraniepinks:20180707214506j:plain

f:id:sobraniepinks:20180707214538j:plain

f:id:sobraniepinks:20180707214646j:plain

f:id:sobraniepinks:20180707213635j:plain

f:id:sobraniepinks:20180707213622j:plain

 

f:id:sobraniepinks:20180707214746j:plain

 

五人目は「シロ子、或いはシロさん」

オビツ24cmボディLホワイティ使用。21-03ヘッド。

やはり祖母の展示会に合わせて購入した子。なのですが、予定してお迎えしたのではなく、どうしてももっと欲しくなってしまい、気が付いたら我が家にいらっしゃっいました。

ロングのシルバーのウィッグを合わせていたのですが、展示会直前まで悩んで、ボブにカットしました。

前回のクロ子とボンバは、お着物でしたら凹凸のない体型が良いのかなとS胸のボディを使用していたのですが、シロさんはもっと艶かしい感じにしましょうと、L胸ボディを使用しております。ですので巨乳さんです。そして、密かに乳首もピンク色なのです。

お顔は、21-03ヘッドが好きなのです。色々なヘッドが並ぶなか、多分、このちょっとリアル系のお顔が好きで、うちの1/6ドールは皆このお顔。ただ、彼女には前回の二人とは違い、睫が御座います。睫バッサバサは個人的に凄く好きなのですが、お写真を撮る時に目に光が入らないので難しいです。

彼女、シロさんはドールハウスの中ではいつも赤ワインを持っております。多分、少しお姉さんなイメージだからかしら。人付き合いは嫌いではないのですが、一人の時間も楽しめます。お酒が好きです。特に葡萄酒。ですが、浅草に行った際には神谷バーでハチブドー酒ではなく、電気ブランを呑みました。そう言えば、佐賀に行った折には七田を頂きまして、日本酒と言えば東北のイメージでしたが、九州の日本酒も美味しいのですねと。そんな感じで、本人は否定しておりますがかなりお酒が好きなのです。という設定。

 

オビツボディ 21-03ヘッド 1個入り ホワイティ

オビツボディ 21-03ヘッド 1個入り ホワイティ

 
和のドール・コーディネイト・レシピ  着物、小物作りから、ヘアアレンジまで (Dolly Dolly Books)
 

我が家のお嬢様紹介4人目。

f:id:sobraniepinks:20180705225217j:plain

f:id:sobraniepinks:20180705225235j:plain

f:id:sobraniepinks:20180705225310j:plain

f:id:sobraniepinks:20180705225321j:plain

f:id:sobraniepinks:20180705225314j:plain

f:id:sobraniepinks:20180705225326j:plain

f:id:sobraniepinks:20180705225336j:plain

f:id:sobraniepinks:20180705225344j:plain

f:id:sobraniepinks:20180705225350j:plain

f:id:sobraniepinks:20180705225357j:plain

f:id:sobraniepinks:20180705225403j:plain

 

四人目は「金髪ちゃん。或いはボンバ」

オビツ24cmボディS胸ホワイティ使用。21-03ヘッド。

前回の三人目のクロ子と同様、祖母の展示会に合わせて購入し、カスタムた子です。クロ子の対になるお嬢さんで、やはり無表情ではあるのですが青い目と真っ赤な唇。前世の双子。或いは、母親の違う姉妹。そんな妄想を膨らませながらメイクしておりました。

ボンバとは青春18切符での大阪京都旅行に二人で出掛けたためか、なんだか相棒な気がしております。個性が強い子なので、大阪の地にぴったりだわと。彼女を道頓堀で撮影したいわと。多分、あの旅行で色々なことがあったと思うのですが、常にボンバが横にいて、だから基本的に一人旅でも一人旅な気がしなかったなと思うのです。

現在は、私の作業場のドールハウスの中にクロ子とお揃い色違いの紅白鶴亀着物を着て並んでおります。そのうち、そのお衣装で綺麗に撮影したいなと思っています。

 

21HD-F03W 21-03ヘッド 1個入り ホワイティ

21HD-F03W 21-03ヘッド 1個入り ホワイティ

 

我が家のお嬢様紹介3人目。

f:id:sobraniepinks:20180705194912j:plain

f:id:sobraniepinks:20180705193920j:plain

f:id:sobraniepinks:20180705194055j:plain

f:id:sobraniepinks:20180705194228j:plain

f:id:sobraniepinks:20180705194113j:plain

f:id:sobraniepinks:20180705194156j:plain

f:id:sobraniepinks:20180705194322j:plain

f:id:sobraniepinks:20180705193729j:plain

f:id:sobraniepinks:20180705194639j:plain
f:id:sobraniepinks:20180705193826j:plain

f:id:sobraniepinks:20180705194941j:plain



三人目は「黒髪ちゃん、或いはクロ子」

オビツ24cmボディS胸ホワイティ使用。21-03ヘッド。

祖母の展示会に合わせて、私もドールハウスとセットで展示しようかしらと購入した子です。和服に合う黒髪ストレートで、同時に購入した金髪の子と対になるように意識してメイクしました。

なんか、座敷わらしっぽいなと思っております。無表情で血色も悪いのですが、何故か個人的に彼女が一番感情豊かな気が致します。多分、自分自身で購入した1人目のドールなので思い入れがが強いのかもしれないです。

ただ、このボディは胸がなさ過ぎて、お着物を着せると幅が狭く肩に布があまりがちになってしまうので、そのうち、細身の人にタオルを巻くように、厚みを出すために中にフェルトか何かでベストでも着せた方が綺麗に着られるかなと思ったり。なんとなく面倒でそのままになりがちではありますけれども。

このサイズのお人形は鞄に入れやすく、さっと取り出してさっと写真が撮れるので、お出掛けに連れて行きやすいですね。休日の御朱印巡りにだけでなく、日光、京都と、ちょっとした旅行にも同伴させております。

 

21HD-F03W 21-03ヘッド 1個入り ホワイティ

21HD-F03W 21-03ヘッド 1個入り ホワイティ

 
和のドール・コーディネイト・レシピ  着物、小物作りから、ヘアアレンジまで (Dolly Dolly Books)
 

我が家のお嬢様紹介2人目。

f:id:sobraniepinks:20180705155332j:plain

f:id:sobraniepinks:20180705155344j:plain

f:id:sobraniepinks:20180705155430j:plain

f:id:sobraniepinks:20180705154547j:plain

f:id:sobraniepinks:20180705154511j:plain

f:id:sobraniepinks:20180705154944j:plain

f:id:sobraniepinks:20180705154000j:plain

 

f:id:sobraniepinks:20180705154127j:plain

f:id:sobraniepinks:20180705154731j:plain

f:id:sobraniepinks:20180705154738j:plain

 

先日から始めた我が家のお嬢様方紹介、二人目は「ピンク髪の子」

オビツ47cmボディ使用。メグヘッド。

祖母の展示会の用意をしております時に、自分用の好き勝手遊べる子が欲しくなって。折角ですのでお人形らしいお人形さんにしようかしらと、ピンク色のウィッグという冒険をしてみました。

ウィッグは専らピンク色だったのですが、最近、黒髪おかっぱだったりもします。基本的にドールに名前は付けずになんとなく髪型で呼んでいるのですが、黒髪にしておりましても習慣からピンク髪ちゃんと呼んでおります。

金髪縦ロールちゃんは引き篭もり専門の子で、お着替えもすることはないのですが、このピンク髪の子ちゃんは色々な所へ連れ出しております。そして、それに合わせて洋裁用のプリント生地で何枚か日常用のお着替えを持ております。そしてピンク髪ちゃんは家の子たちで唯一、下着を身に着けた子でもあります。お見せすることはないのですが、Tバックとガーターというセクシー使用。そのうち、ベビードールとかも着せたいなと思ったり。洋服ももっと欲しいなと思ったり。時間を見付けてちょいちょいお着替えを増やして行きたいなと思います。そして気が向いたらメイクも弄りたいなと思ったり。口紅、赤くしたいなとか。ただ、現在のお顔でイメージが固まっておりますと、手を入れるのが怖くなります。

いっそ代えのヘッドでも作ったら良いのかしら。でも、お人形さんの頭だけ挿げ替えるのも抵抗あるなとか。そんなことしちゃって良いのかしらとか。ドールで一番高いのはボディで、ヘッドのみでしたら比較的お手軽に増やせそうなのですが、一式となると躊躇してしまいます。ドール一人分となりますとボディと、ヘッドだけでなく、ウィッグにアイに。そしてお衣装とお靴。そもそもお人形の核は何処にあるのかしら。名前は付けておりませんが、頭の中で多かれ少なかれそのドールの持つキャラクター性はあるので、頭を付け替えるという一番重要そうなお顔の部分。それを代えてしまって良いのかとか。いっそ変装の達人。たくさんの人格を持つ。そんな設定とか。大人のお人形遊びは色々考えさせられます。

 

50BD-F01W-G 50cm女性ボディ※ホワイティ

50BD-F01W-G 50cm女性ボディ※ホワイティ

 

 

我が家のお嬢様紹介1人目。

f:id:sobraniepinks:20180703222332j:plain
f:id:sobraniepinks:20180703222244j:plain

f:id:sobraniepinks:20180703222427j:plain

f:id:sobraniepinks:20180703222459j:plain

f:id:sobraniepinks:20180703222541j:plain

f:id:sobraniepinks:20180703213053j:plain

f:id:sobraniepinks:20180703213122j:plain

f:id:sobraniepinks:20180703213228j:plain

最近、何かを作ったり、お出掛けしたり、そんなことができていないので、特にここに書くことがございません。無理に更新する必要もないのですが、だからといってライフワークとなったブログ更新ができないのは個人的にちょっと寂しいな。折角ですから、我が家のお嬢様方の紹介でもしてみましょうかしらと思い立ち、これからのんびり暫く家のドールたちのことでも書いていこうかなと思います。

一人目は「金髪縦ロールちゃん

オビツ60cmボディ使用。ローラヘッド。

2016年に色々ありまして祖母がお人形さんのお着物を縫うようになり、展示会をしましょうということで、初めてドールという物に触れました。基本的にオビツさんの素体を購入し、メイクと小物は私が。背景の書は母が。イラストとデザインと展示のトータルコーディネートは妹ちゃんが。そんな親子3代で吉祥寺、栃木県のばとう道の駅の二箇所で行った展示会。その後、お人形さんたちは祖母の家でなく様々な場所に貰われていき、我が家にはこの金髪ちゃんがやってきました。初めてお迎えしたドールということになるのかしら。

お着物に青い瞳とこのウィッグは合うのかなと不安だったのですが、いざ着せてみますと、予想外に合ったなと。個人的に、外国のお姫様の日本文化体験的なイメージでした。きっと打ち掛けって意外と重いのね。帯の締め付けってコルセットのそれとは違うのね。胸が苦しいわ。そんなことを考えているのではないかしらと、勝手に思っております。

お着物の生地は友人が下さった絹の襦袢を崩したものです。襦袢だったのですが、あまりに柄が可愛くて、これを内側にとか勿体無いです。お人形用ですもの、お着物としても良いのでわと祖母がお仕立てしました。因みにおリボンと髪飾りも彼女に貰ったものです。

現在は、我が家の玄関に妹が貰い受けた子と共に並んでおります。

 

洋裁の残骸と、夏支度。

f:id:sobraniepinks:20180627184932j:plain

作務衣やお洋服を作った藍染め生地の端切れで、コースターを作りました。先週から刺繍をちまちまちくちく。基本的に刺繍の下絵は描かずにフリーハンドなので、なかなか大きさが揃いません。そして久々に刺すと絵が安定致しません。根本が雑な人間なのが現れるので、刺繍は苦手なのです。

お洋服を作ると端切れがたくさんでるので、鞄にしたり、がま口にしたり、細々消費しようと思っているのですが、中々減りませんね。捨てるのもちょっと勿体無いなと貧乏性を発揮しつつ。コースターも色落ちする藍染めの生地だと別の生地でと思ったのですが、たくさんあるしと結局は藍染めの端切れで。何度か洗濯することで解決。これで夏の氷と冷たい飲み物を入れたグラスも怖くないです。尤も、白いテーブルでは使用するのは躊躇しますけれどもね。自宅用なので、まぁ、良いかなと。

予告通り、月曜日からネット通販の方を閉めました。再開は決まり次第、こちらの方でお知らせさせて頂こうかなとおもいます。また、ohakoさんの方では引き続き販売を継続しておりますので、よろしくお願い致します。

月曜は、どこが悪いとかではなく、念のため一応入院しておきましょうと、ちょっと色々細々ございました。一旦帰宅して、慌てて通販を閉じたり、家の些事を片付けましたり。結局は何事もなく本日、無事退院で。最近、ちょっと疲れが溜まったり行き詰っておりましたので、病院では何もせずとも3食ごはんが出て来て、清潔な寝床と、完璧な空調で、とても快適でございました。私、元気なのにこんな良くして頂いて良いのかしらとか。丁度良いリフレッシュ休暇的な。楽しみにしておりました新刊本片手に、ごろごろゆったり。ただ、これからやっぱりちょっと色々ありますので、こちらの更新もツイッターの呟きものんびりになるかと思います。

 

ohaco.jp