風花鳥

ハンドメイド作品の公開と、日々の徒然なること。

目を開けたまま眠る日々。

f:id:sobraniepinks:20180913000521j:plain

f:id:sobraniepinks:20180913000518j:plain

f:id:sobraniepinks:20180913000526j:plain

 久々に布屋さんに行きました。特に目的があったわけではないのですが、お気に入りの紅白ストライプの生地のストックが切れておりましたので、買い足しても良いかな。長らく何も作っておりませんが、そろそろミシンを踏みたいな。そんな気軽な感じで、近所の布屋さんに行ったのです。

赤子がお腹の中から外に出て2ヶ月。流石に自分の時間は激減しますね。今までは思いつくまま何かを作ったり、本を読んだり、アニメを観たり、好きなだけ眠ったり、自由に外に出掛けたり。高等遊民を気取っておりましたが、それももう昔のお話しでございます。この2ヶ月が長いのか短いのかよくわかりませんが、赤子のいない生活など最早既に想像できないのです。3時間おきに授乳をして、ミルクをあげて、オムツを替え。泣けばどんなに眠くとも、這い上がり、抱っこし。眠れる時に寝る。ほぼまとまった睡眠が取れないので一日の感覚が可笑しくなります。今日と明日と昨日の境目が何処に御座いますのやら。今、自分は9月12日の続きにいるのか、もう13日になっておりますのか。そもそも11日はいつ終ったのかしらん。いや、そもそもこの記事はいつ書き終えるのかしら。しかし、確実で最も重要なことは、時間の経過と共に赤子が育つ。その一点でございます。すくすく、若竹のようにぐぐんぐんと。2990gで生まれた子は5045gになりました。幸いな事に何の問題も起きず、順調で。喜ばしく、ありがたいことでございます。

まぁ、そんなこんなで赤子に翻弄される日々を送っているわけですが、そろそろ生活に若干の余裕も見付けられそうな目処が立ちそうという、実に曖昧ですが、重要な兆しが見えて参りましたので、布屋さんに行ったのです。そして何を血迷ったのか、普段は買わないような、決して自分好みとは言えないユニコーン柄でしかも青い生地なんぞ手にとって。これでピンク髪の彼女のお着物を仕立てたら凄く可愛いのではないかしらんと。そんな天啓が下りたのです。時間は見付ける物ではなく、作る物なのです。ですから、折を見て、お人形遊びを再開しようかと思います。

 

和のドール・コーディネイト・レシピ 着物、小物作りから、ヘアアレンジまで (Dolly Dolly Books)
 

子供を産んだお話し。

f:id:sobraniepinks:20180802130153j:plain

先月、子供を産みました。

よく「子供が産まれました」という報告を聞きますが、私にとって妊娠から出産という未知の経験は、主体を自分以外に置くことができず、報告は全て「産みました」となってしまいました。

膨らんだお腹を撫でつつ、そこに何が入っているのかしらと、ずっと不思議でした。勿論、赤子というものが入っていることはわかっておりましたし、健診の度に渡される解読不能の、人間に見えなくもないというエコー写真を繰り返し眺めては、嗚呼、早く出て来ないかしらと心待ちにしてもおりました。それでも、やはり実際にお顔を見ないことには、赤子という実感も何もなく、ただ、時折、私自身の意思とは関係なく動く何かがそこにいる。私は、私とは別の生き物を腹の中に飼い、育てている。時にエイリアン的な。寄生獣的な。時折、「今、私の中に心臓が二つあるの」などとおどけつつも、それが産道を通っている時でさえ、やはり不思議しかなかったのです。

お腰の辺りを通過する際に蠢く何か。明らかに通らないであろう空間を必死で通過しようとする大きな物はぎりぎりまで可能な限り手足を動かそうとしておりますのが、あの激痛の中でも鮮明にわかりました。正直、それが凄く怖かったです。ただ、確かなのは途中で止められないし、休めない。陣痛、舐めていたわ。世の中のお母様方はみんな違いはあれどこんな経験をしているだなんて、本当に凄い。尊敬しますと。そんな事を考えつつ、赤子にとっての出口がちょっと裂ける瞬間、パチンと切る瞬間、傷口を抉るように出て来る何か。何かが引っ張られる感覚。全て覚えております。痛みと、痛いという言葉も発せず、家を出る際に掴んだバスタオルを口に噛み締めて、噴出す汗と、寒さと。喉がカラカラで、そんな中でも頭は嫌にクリアーで。何か、たゆたっている精神を手繰り寄せるような、引っ張るようなイメージで。

そして、いざ出て来た赤子を見ておりますと、嗚呼、こんなんが入っていたのかと。嗚呼、本当によくここに来てくれたねと。分娩後、出て来たばかりの赤子と、出産には間に合わなかったもののあわてて駆け付けてくれた主人と3人、共に取り残された際、感動で打ち震えたり泣いたりなど劇的なことはなく、先程まで私の腹の中にいましたのに、急に外気に晒され、知らない所で、知らない人たちに囲まれて、大丈夫なのかな。そもそも外と中という概念とか産まれるということとかわかっているのかな。でも、本当に私の所によく来てくれました。そんなことを繰り返し思っておりました。

今まで赤ちゃんと触れ合う機会などなかったのですが、約3kg50cmってお腹から出て来るには大き過ぎるけれども、こうして外で生きて行くのには小さ過ぎないですかというサイズ感。出て来た当初、そっと頭の匂いを嗅ぐと、白い皿にちょんっと盛られた仔牛やら子羊の何やら的な匂いがして、なんだかいけない気がしました。新生児は泣き声すらまだ練習中で可愛らしくて、危うくて、触るのすらどうしたら良いのかわからなかったです。

祖母との電話で赤子の誕生を報告した際、お人形さんとはまた違った可愛さがあるでしょう。赤子は可愛いでしょう。そう言われたのですが、まったく可愛いの種類が別物で、ドールはドールで相変わらず可愛いし好きなのですが、赤子は赤子で比べる対象ではないのだなと。なんと言うか、可愛らしいに伴う不安とか責任感が桁違いに大きいと言いますか。1日の大半を眠って過ごしていた自分が3時間置きのミルクになんとか起きて、泣き声に反応して。嗚呼、よくできるな。そしてこれは母親だからではなく、赤子の命が腕の中にあるという途方もなく大きな責任があるからだと思います。オムツ代えも授乳も沐浴もすぐにできるようになったのは、決して母性からではないのだなと。出産前、母親は赤子の泣き声に反応するようにできているだとか、母親は疲れないものなのだとか、そんな母親神話を様々な所から聞かされてきたけれども、もうすぐ1ヶ月だというのに、今だ母性であるとか、母親であるという実感というものがわかりません。

嗚呼、そして赤子が産まれる前から、保健センターや病院などで、名前ではなく「ママ」や「お母さん」と呼ばれるようになり、私は何処に行ってしまうのだろうと、ずっと不安だったのですが、子供を産んだからって私は何も変わらないし、世界も変わらないのだなと、ほっと致しました。

丁度、昼の12時に破水と陣痛開始で、そこから陣痛感覚はすでに2、3分。病院に電話をし、タクシーを呼び、這う様に車の通れる大通りまで歩き、病院に到着したのは12半頃。そして産まれたのは14時17分と、初産にも関わらず超スピード出産。安産だったねと言われて、安産ってそんなに痛くないものだと思っておりましたと。何となくイメージする安産というものと、あの苦痛はまったく繋がらなくて、そう言われる度にもやもや致します。寧ろ身体が疲弊しきっていない分、意識もはっきりしており、痛いという記憶が鮮明に残っております。それにこれだけ破水陣痛開始から赤子誕生までが早いと、もし病院が遠かったら、陣痛タクシーの登録をしていなかったら、あの時、もう少し様子をみようかと病院への電話を躊躇しておりましたら、よく車内で出産などのびっくり出産特集的な状態になっていたのではないかと怖くもあります。まぁ、そんなことは考えても仕方のなく、実際はこうして母子共に無事健康にいるということに尽きるのですけれどもね。

出産直前まで、そしてPCが起動できない分、すぐ直後からツイッターをし、7月中のブログは書き溜めていたものを自動更新で。ネットの世界に常駐しておりましたが、流石に自分の時間は激減致しますね。この記事を書くのにも3日を要しました。手仕事の方も暫くお休みです。もう一つのアニメ感想の方のブログも、そもそもアニメを見る時間もなく、録画は溜まる一方です。退院したばかりの頃は、赤子も寝てばかりでございましたが、最近は愚図ったり泣く事も増え、きっと私の身体が快復し、赤子のいる生活に慣れるまでイジーモードでいてくれたのかなと思ったり。全ては赤子中心の生活です。ですが可愛いから仕方がないのです。あんな可愛らしいのですから当然です。

そんなこんなで、私事で申し訳ないのですが、販売物関連などのお問い合わせや、ここの更新も、ツイッターでのやりとりも、すぐには返信できなくなりますのでご了承頂けらなと思います。 

 

我が家のお嬢様紹介番外編その2。最後です。

f:id:sobraniepinks:20180709205459j:plain

f:id:sobraniepinks:20180709205512j:plain

f:id:sobraniepinks:20180709205932j:plain

f:id:sobraniepinks:20180709205936j:plain

f:id:sobraniepinks:20180709211221j:plain

 

番外編その2、妹ちゃんの子「ちび子」

オビツ11cmボディ ホワイティ使用。アンジェラSヘッド。

 

どや子と一緒に我が家にやって来た子です。それぞれ気に入って選んだヘッドに、ウィッグ。思い思いにメイクして、やっぱり作り手の個性が出ますね。お衣装はどや子の物を作る度にちび子の分も作っていたので、やっぱり彼女も衣装持ちさんです。

今回、ちっび子を紹介するためにお写真を探したのですが、ちび子はどや子と違ってお出掛けする事もなく、主に妹ちゃんのお部屋にフィギュアと共に並べられているので、たまに新しいお洋服が出来上がる度にどや子と簡易的に撮影したものしかなく。箱入り娘さんですね。

 

我が家のお嬢様紹介。今回、紹介した8人と2人。計10人。多いのか少ないのか。なんだか改めてみるとたくさんのような、それでももっと新しい子が欲しくって。今おります子で充分に遊べているかというと、まだまだやりたい事もございましたり。特にどや子とちび子のお部屋は作りかけのまま放置しておりましたりで。嗚呼、ですがやっぱりもう2、3人は欲しいです。欲望は耐えません。大変です。

 

我が家のお嬢様紹介番外編その1。

f:id:sobraniepinks:20180709190924j:plain

f:id:sobraniepinks:20180709190709j:plain

f:id:sobraniepinks:20180709190712j:plain

 

番外編は、妹ちゃんの子です。

オビツ60cmボディ使用。新グレーテルヘッド。

祖母の展示会の時に妹ちゃんが唯一メイクし、貰い受けたドールです。やはりメイクする人によってお顔が変わりますね。お着物は、展示会の時は絞りのお着物を着ていたのですが、その後、一緒に出掛けた日暮里で椿柄のちりめんに一目惚れ。祖母に頼んでお仕立てして貰い、今はこの赤いお着物を着ております。そして、ドール用のお着物だけですと生地があまってしまったので、お揃いで半纏まで作って貰って。軽いのに、ふかふかぬくぬくで、おばあちゃん凄いです。私、半纏なんて作れないです。祖母が元気なうちに半纏の作り方も習っておきたいなと思いつつ、ちょっともう難しいのかなと思ったり。祖母の家は遠いのです。

彼女は季節によってつまみ細工の髪飾りが代わります。最近まで玄関にいたのですが、なんだかお顔がちょっと険しくなってきた気がして、一時的に妹ちゃんのお部屋に帰っていきました。メイクが落ちているのとか、焼けてしまったのとは違って、何故か少しだけドールのお顔が変わる気がする時があるのです。不思議です。

 

オビツボディ・60cm オビツボディ (2パーツ)

オビツボディ・60cm オビツボディ (2パーツ)

 

我が家のお嬢様紹介8人目なのかな。

f:id:sobraniepinks:20180709182511j:plain

f:id:sobraniepinks:20180709182516j:plain

f:id:sobraniepinks:20180709182518j:plain

f:id:sobraniepinks:20180709182521j:plain

 

八人目は「ゆりかちゃん」

幼い頃に祖母に買って貰ったお人形さん。横になると閉じて、起き上がると目蓋を開くスリーピングアイで、元々は臙脂色のドレスをきていました。この子もドール紹介に入れて良いのかなと思いながら、いや、この子が私がお人形好きになったきっかけではあるので、折角ですので加えてみました。

ボディは布製で中に綿が詰まっております。お顔や手、足の外に出る部分はプラスチク製で、かなり薄汚れてしまっていたので、昨年、メラニンスポンジで磨いて、メイクもアクリル絵の具でお直ししました。髪も櫛が通らない鳥の巣状態でしたので、ウィッグを購入しようと、短くカットしたのですが、まだ丁度良い物が見付からず、とりあえずはボンネットで隠してあります。ドレスは、ベビードレスを参考に生成の生地で新調して。長い間、古惚けて部屋の奥に押し遣っていたのですが、まだ途中ではございますが、すっかり生まれ変わって作業場に飾っております。

我が家のお嬢様紹介7人目。

f:id:sobraniepinks:20180708013031j:plain

f:id:sobraniepinks:20180708013036j:plain

f:id:sobraniepinks:20180708013721j:plain

f:id:sobraniepinks:20180708013058j:plain

f:id:sobraniepinks:20180708013103j:plain

f:id:sobraniepinks:20180708013112j:plain

f:id:sobraniepinks:20180708013131j:plain

f:id:sobraniepinks:20180708013146j:plain

f:id:sobraniepinks:20180708013209j:plain

f:id:sobraniepinks:20180708020618j:plain

f:id:sobraniepinks:20180708013227j:plain

f:id:sobraniepinks:20180708013251j:plain

f:id:sobraniepinks:20180708013300j:plain

f:id:sobraniepinks:20180708020553j:plain

f:id:sobraniepinks:20180708013318j:plain

f:id:sobraniepinks:20180708013332j:plain

f:id:sobraniepinks:20180708013400j:plain

f:id:sobraniepinks:20180708013417j:plain

f:id:sobraniepinks:20180708013429j:plain

 

七人目は「どや子」

オビツ11cmボディ ホワイティ使用。マフィンヘッド。

自分にはネーミングセンスがないのはよくわかってはいるのですが、どや子という名前は私が名付けたわけではないのです。何となくお顔がどやっているよねという会話から、家族がいつの間にかどや子と呼び出して、定着してしまったという。もっと可愛らしい呼び名が良かったなと思いつつも、自分自身ドールに名前を付ける習慣がなく、何となく便宜上名前らしきもので呼んでいるだけでしたので、寧ろどや子とはっきりと名前が付けられなければ、彼女にこんな愛着は沸かなかったかもしれないのですけれども。

どや子は、妹ちゃんとオビツさんの11cmサイズのドールって『ハクメイとミコチ』みたいで可愛いよね。小人とか妖精さんとか。と、夢中になっておりました漫画の影響で一緒に中野に行き、購入し、それぞれメイクしてできあがった子でした。お衣装は私がどや子のを作る時は妹ちゃんの子の分もと2着ずつ。初めて作るドール用の洋装は細かくて難しかったのですが、気が付くと、我が家の一番の衣装持ちさん。そして、一番、色々な所にお出掛けしております子でもあります。

今まで行った場所は、都内だけではなく、沖縄。佐賀県。日光。那須。鎌倉。横浜。伊豆。と、小さいからお手軽に何処にだって連れて行けちゃいます。沖縄に至っては私も行ったこともないのに、家族の鞄に潜り込んで連れて行って貰って。その内、そんな感じで海外にだって行っちゃうかもしれないです。

どや子のいつも持っております鞄の中には代えのパンツとゴーグル。そして、外で見付けた彼女の思うちょっと素敵な物でいつもいっぱいです。祖母の家に行った時には、テーブルの上に置かれた菓子盆の中から隙を突いて詰め込んだお砂糖のかかった四角い寒天。小魚とアーモンドの入った小袋を拝借。それに縁側で見付けた蚊取り線香の欠片。それらを詰め込んで帰って来ました。沖縄では、キラキラした砂と、南国の不思議な形をした葉っぱ。横浜では丁度クリスマスシーズンだったためか、銀色の星のオーナメントを。鎌倉では蝉の抜け殻の前足部分。そんな感じで、どや子のお部屋はいつもちょっと良くわからない物で埋まっているのです。

と、そんな感じでどや子のキャラクターは私の中ではっきりと出来上がっておりまして、そんなしっかりした人格を持つお人形とお出掛けしますと、妄想癖のございます自分は、そんな彼女のストーリーが頭の中に浮かんでくるので、嗚呼、お人形と出掛けるのってこんな楽しみ方もあるのだなと、面白いなと思うのです。尤も、いい大人がそんな人形遊びをしてと思わないこともないのですが、まぁ、楽しいことが最重要事項なので仕方がないのです。

 

ハクメイとミコチ 1巻 (ビームコミックス)

ハクメイとミコチ 1巻 (ビームコミックス)

 

 

我が家のお嬢様紹介6人目。

f:id:sobraniepinks:20180708000952j:plain

f:id:sobraniepinks:20180708001009j:plain

f:id:sobraniepinks:20180708001015j:plain

f:id:sobraniepinks:20180708001022j:plain

f:id:sobraniepinks:20180708001020j:plain

f:id:sobraniepinks:20180708001026j:plain

 

六人目は「蒼子」

オビツ24cmボディM胸ホワイティ使用。21-03ヘッド。

我が家で一番新しいお嬢さん。祖母との展示会後に購入した唯一の子。隙あらば新しいお嬢さんが欲しくてタイミングを伺っているのですが、彼女は近所の雑貨屋さんで一目惚れしたアンティーク風の鳥篭をドールハウスに作り込み、そこに合う小鳥のようなドールが欲しいわと、先にお部屋があって購入致しました。

当初、ウィッグも手作りしようとモヘアの毛で試行錯誤したのですが、上手くまとまらず、結局、秋葉原で手に入れた水色のウィッグを合わせました。ですが、こうしてお写真を見返してみますと、やっぱりモヘア金色ウィッグが良いなと思ったり。そのうち、ウィッグ作りもリベンジしたいですね。

メイクは、他の子に比べてかなり濃いです。我流で何となく始めたドールメイク、気が付くと厚化粧になりがちで、当初、何度もやりなおしていたのですが、この子は展示会も終り他の子とのバランスなど気にする必要もなくなったので、ちょっと自由にやってみようかしらと。

彼女はシロさんと比較しながらカスタムしました。シロさんがL胸で巨乳さんなのに比べて、蒼子はM胸の標準サイズ。流石にL胸ですとお着物を着せた時に少々窮屈で、S胸ですと変に皺がよってしまうので、M胸が一番綺麗に着せられるなと。そして、睫。バサバサではあるのですが、シロさんに比べて目に光が入り易いのは睫の密度が少ない物を使用しているからです。

蒼子は個性が強いお嬢さんのためか、あまり外に連れ出してはおらず、先日、雅叙園に行った位かしら。ですので、あまりお写真もなく。キャラクターも特に確立しておらず。ただ、水色の髪色にピンク色系のお着物が似合うな。年齢はクロ子とボンバより年上で、シロさんと同じ位かしらとか、それ位。これからお衣装を増やしたり、お出掛けしたりしながら、段々と色々な人格が出来上がっていくのかなと思います。

 

21HD-F03W 21-03ヘッド 1個入り ホワイティ

21HD-F03W 21-03ヘッド 1個入り ホワイティ

 
ゆかたのドール・コーディネイト・レシピ (Dolly*Dolly Books)

ゆかたのドール・コーディネイト・レシピ (Dolly*Dolly Books)