風花鳥

ハンドメイド作品の公開と、日々の徒然なること。

過ぎ去った台風と怠惰と蓄積し続けた疲労感と、極めて私的な告発と愚痴。

春から生活が変わりまして、それに慣れれば多少は自分の時間が増え、落ち着くはずだったのです。と、いう捕らぬ狸の皮算用。そして、更なる変化で落ち着くまでまだもう少しかかりそうと。

何があったのか、完全なプライベートで長文の愚痴になりますが、家のお嬢さんの入った幼稚園があまりに酷く、そんなところに長く留って何かあってから後悔する前にさっさと転園してしまいましょうと。

春に入った幼稚園は小規模な自由保育を詠う教会併設の、アットホームで、ママ会の活動が多く、今時珍しいほどにクラシカルな園でございました。子供が裸足になって自由に遊ぶのは良いなと思ったことと、自分が人と関わるのが苦手でという話しをした時に園長先生が苦手だからこそこまめに顔を合わせるから良いという面がありますと、そんな風におっしゃって下さったのが良いなと。他にも駅近で服装が自由でなど、色々な理由から、何か所も見学し、悩みに悩んで選んだ園でございました。

入園後言われたのは、正社員が園長先生、主任、4月から入った幼稚園教論の3人しかおらず、各クラスに担任を付けることができないということ。主任が全体を見、他はパートと学生アルバイトのシフト制で回します。それと、経営状況がよろしくないので、来年、12、3人以上の入園者がいないと廃園の可能性が高いですと。園児を増やすために、保護者同士の口コミが大事なのでよろしくお願いしますともおっしゃっていました。口コミ、大事ですね。ママ友とか全然いないので、知っていたら選ばなかったですからと、本当に思います。

直接的問題は、怪我をして帰って来たこと。最初、あれ? と思ったのは、4月の入園後すぐ。背中に赤い痣があったこと。ただ、幼稚園で転んで、そんなこともあるだろうなと思い、その時は流しておりました。次は5月の連休明け。肘を顎をすりむいて、主任から「お友達と手を繋いでいて、遠心力で吹っ飛んで怪我をしてしまいました。よく洗ってありますので」と退園時に報告がありました。怪我自体は大したこともなかったのですが、家のお嬢さんに聞くと「先生と手をつないでいたよ」と。まだ本人も言葉が明瞭でもなく、取り合えずそのことで何かはということはなかったのですが、不信感は芽生えました。

次は5月の連休明けすぐに。今度は園から帰宅し、マスクを外しますと血が付いており、顎に擦り傷と痣。午前保育の日でしたが、退園前に園で嗽をしているはずですので、マスクは外していたはず。本人曰く、園庭で遊んでいてぶつけたと。園との交換ノートで報告しますと、退園時に「怪我はすぐに園に報告するように。怪我については本人が泣いたり、何かを言ったりしないため、わからない。本人が何かしようとしているのを止めようとすると怒って腕を振り解くため、止めるのは難しい」と。

その後も、おでこが赤く腫れて傷になっていたことも。その時は前髪を留めていたため、帰宅時にはっきりと腫れており、気付いたのですが、金曜で疲れていたこともあり、報告はお休み明けに連絡ノートで。園長先生から謝罪と、主任からも謝罪はあったものの「こちらも一日一回は見ているのですが、○○ちゃんは転びやすいです。段差ですぐに転んでしまいます。その時に、手が出ないで顔から転んでしまうので、ご家庭でも手を出すようご指導ください。怪我は○○ちゃんの中で重要ではないようで、自分から言わないのですよね。本人に聞いたら自宅で転んだと言っていました」と。帰宅時、園の出てすぐに気付いたことを伝えると、「それは問題ではありません。その時はすぐに言わないと困ります」と。

家のお嬢さん、個人的見解として外遊びの経験値は低い物の、特別、転びやすいとか感じたことがなかったので、少し疑問に思いました。それと、ノートにも書いていたのですが、謝罪はいらないのですよね。小さい子が転んだり怪我をしたりするのは仕方ないことだと思っているのですが、問題はそれに気付けない状況で子供を預かっているということ。

他にも、風邪で長期間お休みをした直後の登園で、声が出ていない状態にも関わらず全身下着までお着替えが必要になるほどの水遊びをさせたり、発熱に気付かず、帰宅時に38度越えだったり。これだけ感染症が流行っているのにも関わらず、コロナもそれ以外も感染症報告関連の書類が一切なく、報告義務がなかったり。保護者間でコロナ感染した人がいたりとか、ラインや噂話のみの情報しかないという。クラスの半分ほどがお休みしていても、それを知るすべが保護者間の会話や家のお嬢さんからの報告のみという。そんな状態にも関わらず、主任は何か大きな声で話す時にはマスクを外して話したり。園児のマスクは家庭の判断に委ねると言いつつ、園での室内でマスクを希望しても外すよう指導があったりと。段々とコロナ前の状態に戻していきたいというのもわかるのですが、マスクの個人的賛否もあると思うのですが、この夏の感染状況も他の幼児の感染症の流行をありますし、自分個人としてはもう不安しかないなと。そして、入園時に入るであろう幼稚園の保険に入っていなかったりと。

そして、ここからは完全に私の主観的問題なのですが、服装のこと。ただ、上手く馴染む服装を選べないのは保護者である私の責任だと思うので、それを本人にわざわざ「可愛いお洋服だね。お洒落だね。でもそういうお洋服は着て来ないでね」とか言う必要はあったのかとか。壊れて分解された髪飾りがリュックの中から出て来たり。暫く、可愛いやお洒落という言葉に拒否反応を示していたり。お弁当を一番に食べ終わることに他の子が泣くからと、ゆっくり食べるよう指導したり、直接、1人だけおにぎりを辞めるよう言ったり。家のお嬢さんは1番にこだわってはいないのでと繰り返し言っていたが、本人的にはやっぱり1番が良くて、私個人としては何番でも構わないのだけれども、本人の気持ちを無視し蔑ろにして良い物なのかと思ったり。

他に、ちょっとしんどかったのは私の個人的失態ではあったのですが、母の日のイベントでお迎えが早くなるという朝の掲示を見逃し、遅刻。それを主任から「気持ちが足りないから」と言われたこと。子供のイベントに参加できなかったという自己嫌悪もありましたが、こんな曖昧で、相手が嫌な気持ちになるような言葉をさらっと子供を看るプロの方が言うことは怖いなと。いくら自分たちを信頼して下さいと言っても、信頼すべき相手として思えないなと思ったこと。

家のお嬢さんには可哀想なことをしてしまったのは、こんな状況で園を信頼して遠足に行かせる気持ちになれず、皆が行っている中、お休みさせてしまったこと。何もないと思っても、何かあったら、後悔してもしきれない。そして、その埋め合わせに代わりに水族館に行ったものの、やっぱりみんなと遠足に行きたかったと言われる度に、本当に申し訳ないことをしてしまったなと。

最終登園日の保護者面接で言われたのは「お母様はお気付きになっていないでしょうが、今時の他の園では指導しない所が多いのですが、○○ちゃんは言葉の発音に問題があります」と発育に関する問題を細々とご指導が。ただ、それ、入園時の書類に書いたのですが、口腔外科的問題で発音に問題があり、保健センターでも相談済みで様子を見ていきましょうとなっておりますと。そして、個人的に転園を告げるのが子の安全面で不安しかなかったので、1学期終了ギリギリだったのですが、まさか自宅保育前提で話しが始まるとは思いませんでした。

なにより怖かったのは、幼稚園に完全に余裕がなかったことです。まるでブラック企業のようでもありました。経営が安定していないって、それだけで不安定ですし、もし従業員として考えるとしても、そんな所で働きたくないですよね。そしてこれはあまり言いたくはないですが、園長先生に子供が生まれたばかりと。子供が生まれるって大変喜ばしいことではありますが、現実問題として、生後間もない子供が家庭にいる状況にも関わらず職場に余裕がないというのは肉体的にも精神的にも疲弊しますよね。そしてそれを埋めるだけの何かがあるようには思えないという。私は、家のお嬢さんがとても大切なので、余裕がない場所に家のお嬢さんを預けるのはとても不安です。そしてそれは改善できる問題ではないのでさっさと抜けられるなら抜けたいなと。

勿論、転園には気持ち的にも金銭的にもさっと決められることではありませんでした。せっかく園に慣れてきた本人にもお友達と別れて別の環境でとなりますと負担もかかります。それに、保母者同士の仲が良く、皆、優しかったのも。すぐに決断できたわけではありませんでした。本当にしんどかったし、きつかったです。

と、ここまで長々と愚痴を書きましたが、園側としても言い分はあるのだろうなと思います。入園後、辞める人の話しをされていたのですが、自分も、あんな風に辞める方に問題がある。あの人はちょっと変わっているから、神経質な所があるからと、親身になっている風に語られるのだろうなと漠然と。まぁ、だから何ということはないのですけれどもね。誰にでも合う合わないはありますしね。自分には合わなかったですけれども。

学校であるとか教育機関であるとか、小さなコミュニティであるとか、常に恐怖しかないのです。ですが、もう、それと関わるしかないのだろうな腹を括ったつもりでしたが、なんだか、ちょっと最初から心が折れかけております。ただ、新しい園はとてもしっかりとした大きな園で、先生方も優しく、信頼って強要されてするものではないよねと改めて実感しております。

本当は、ママ友の情報の入って来ない自分のような人のために幼稚園の口コミサイトなどに書き込んだ方が良いのだろうなとも思うのですが、そんな気にもなれず。育児ブログでもないのですが、春から抱えていたあれやこれやをちょっとまとめて吐き出してすっきりして、来月からの新生活に向かおうかなと。おそらく慣れるまでまだ暫くばたばたするでしょうが、今度こそもうちょっと落ち着いた生活と、自分の時間ができるはず。毎日面白可笑しく楽しいことをして過ごしていきたいです。

5月病を患っておりますが、6月になったからと言っても治る気配が御座いません。

ミルキーは美味しいのですがママの味のママという言葉に個人的に嫌悪感が強過ぎてと、撮ってから気付きました。ですが、やっぱりミルキーは美味しいです。

最近、カメラが楽しいです。ちょっと前まで設定が全く覚えられず、もう基本的な使い方からさっぱりすっきりすっからかん。取り合えずオートで撮っておりましたら問題ないでしょう。プレミアムオートならなんだかプレミアムで綺麗に撮れそうとか、素人全開で。そんな状態からちょっとちゃんと向き合ってみようかしらんと。

一つの枠に自分の作りたい絵を落とし込んでいく作業はとても難しいのですが、なんだか面白いですね。ほぼセッティングというのがちょっとわかりました。あと、三脚大事です。1枚撮るのに設定も大事です。パシャっと撮って終わりにはならないのだなと、今更かもしれませんが、改めて。

ちょっと前に、プロのお仕事を間近で見る機会が御座いまして、尚更、嗚呼、凄いな。街のお洒落な写真屋さんとは比べ物にならないな。凄いなと、圧倒されました。

私も、自分の絵が思ったように作れるようになれるよう、ちょっと気長に勉強していこうかなと思います。

春か生活が変わりまして、ちょっとお疲れ気味であったり、まだ全然何もかも慣れなったりとしておりますが、やりたいことも行きたい場所も食べたいものもまだまだたくさんありますので、まだ大丈夫な気が致します。頑張らずに頑張ります。

 

初春。浅春。早春。新陽。春先。

f:id:sobraniepinks:20220304224219j:plain

f:id:sobraniepinks:20220304224233j:plain

暖かくなって来ましたので、久々のピクニック。

これから暖かくなっていくこの時期は、花粉やら黄砂やら寒暖差やらで疲れやすく体調も崩しやすい季節ではあるのですが、それでも気持ちは軽くなっていくはずだったのになと。

ただ生きているだけで不安な質なのです。ここ最近のあれやこれや色々は更なる不安と、まだこれ以上に怖いことがあるのかと。思うことはなんやかんやあれど、戦争反対。No War。と、ただ言える自由があるので、何度だって言おうと思う。

早く桜が咲いたら良い。

誰に聞かれてもおりませんが、運動や食事のお話し。

f:id:sobraniepinks:20220127233605j:plain f:id:sobraniepinks:20220127233618j:plain

お写真は、我が家に年末から加わった九莉ちゃんです。larimarさんのヘッドとオビツ11ボディの美人さん。9人目のお嬢さんなので、九莉ちゃん。ドール服や小物を作る余裕が殆どないのですが、定期的に新しい子が欲しくなってしまうのは何なのでしょう。毎回、この子が最後だろうなと思うのに。不思議です。これが沼というやつなのでしょうか。

外に出ずらい日々が続いております。最近はめっきりジョギングやキックボクシングなど過去のものとなっておりますが、家の中でできる運動大事ですね。健康維持のための運動。手軽なのはラジオ体操。腰痛肩こり防止に最適です。アレクサさんがすぐに曲を流して下さるの便利です。理想は1日2回。それだけで激的に改善します。そこにプランクやストレッチを加えればかなり良いのでわと。

もう少し余裕があるときはリングフィットです。身体の負荷を自分に合わせて調整できるのと、任天堂さんの本気が詰まって、これはかなり怪我無く安全に室内で運動ができます。健康維持でもダイエットでも鍛えるのでも、己の目標を好きな位置に設定できる上に、ゲーム性か強いので、運動が苦手でも比較的楽しめるなと思いました。

そして更に鍛えたい、ダイエットのために有酸素運動を取り入れるなら、そこにフィットボクシングを加えれば完璧です。更に強くもなれちゃいます。ただ、フィットボクシングをするのに身体ができていない、或いはやり過ぎると股関節を痛めるなど怪我をしやすいので要注意ではあります。

ダイエットで一番成果が出やすいのは食事制限。糖質制限を結構勉強してやっていたのですが、確かに効果は大きかったです。ただ、最初にどれを食べて良いのかきちんと見ないといけないのと、一部の本などには外食時などに餃子の皮だけを残すなど、それってどうなのだろうとうことを書いてあったり。更に、タンパク質を多めにとって炭水化物を抜くので、身体がそれに慣れるまではきつかったです。そしてお肉をたくさん食べがちになるので胃腸が丈夫な人向けなので、できる体質とそうでない体質の人がいるなと。それと、食費が上がりました。一時的に一気に体重を落としたい時には良いかもしれませんが、長期的には身体には良くない影響が出るのではないかなと思ったり。

食事制限で一番わかりやすいのは、カロリー計算。単純に一日の必要量を下回れば痩せます。今はアプリで管理できるのでやりやすいですね。お店の物カロリー表示があるのでわかりやすいですが、ちょっと上がりがち。自炊ですと、カロリーを落とし易すくはありますが、計算が面倒。脂を避ければ、確かにカロリーは落ちますが、あまりとらないと肌や髪に潤いがなくなるので、適度に摂った方が良いなと思っています。まぁ、摂る摂らないにせよ、何かを食べる時に大体でもこれはこれ位と把握しておくのは大事だなと。

よくダイエット系の物を読んでおりますと、プロテインを勧めている物が多いのですが、あれは筋肉があるのと結構きちんと筋トレをしているのが前提ですので、そんな身体ができていない内に飲んでも太ります。個人的にきちんと食事でタンパク質を摂った上で足りていない時に飲む補助だと思っているので、ジムに通って腹筋割っていた時もあまり必要性は感じなかったなと。お豆腐とおからと豆乳と多めのお肉。サラダチキンは効率的で美味しいですが、茹でた豚肉も美味しいです。

私は、ハイカロリーな物を食べたいときはその分動いたら良い。たくさん食べたい時はお野菜はほぼ0キロカロリーと思っているので食事制限はざっくりでした。キックの試合に出たいな、出るよとなった時位にしか食事制限はしなかったので、これを続けている人は凄いなと思っています。

筋トレもダイエットも中毒になります。脳内麻薬出まくります。毎日やらないとと強迫観念に苛まれたりもします。これは完全に沼。ワクチン接種直後に走ったり筋トレされている方を見ると不安になります。マッチョは健康的と思っている方が多い気がしますが、個人的に脂肪が少な過ぎるために風邪をひきやすく、抵抗力もなく、筋肉を休ませないために怪我をしやすい人が多い印象でした。特に減量中や減量直後は弱くなりがちなのかなと。自分自身も減量中は寧ろよく身体を壊していたなと。BMI、体脂肪、共に平均値が一番健康です。あと、それはそれとして、理想は別であったりもしますので、健康よりも大事なこともありますよねとか。

減量後、その実感を得るためにやっていたのは、落とした体重分の牛乳パックなどの食品を持ってのスクワット。マヨネーズや油とかだと更にふふっとなって、こんな思い身体で動いていたのかと、ちょっと楽しかったです。逆に嵩が増した時には、あの時よりこれ位増えたのですよと、その分の食品を眺めたり。そんなことをひっそりしております。現状、若干下降気味ながらの維持中の平均値。筋肉はもうちょっと増やしても良いかなと、気が付いたらお腹に力を入れて凹ませる。姿勢を気を付ける。何もできない日でもそれだけはできるなと。

最近、自身の体型が大きくなったり小さくなったりと急激に変わった方を多く見聞きしておりましたのと、なんだか何かを長々と書きたいにも関わらず、特に書くこともなかったので、あれこれこうしたら良いよではなく、毎日、何もせずにおやつを食べるため、素人考えの私が思う運動と食事のことです。

753。

f:id:sobraniepinks:20211123230426j:plain

f:id:sobraniepinks:20211123230436j:plain

七五三のお詣り用のお着物をお仕立てしました。

和裁を習ったことは御座いませんが、お人形さんのお着物は何枚も、浴衣も作ったことがございます。それならば子供用の1回しか袖を通さない舞台衣装のようなものでしたらできるかしらと。

洋服用の生地で、ちょっと重かったので、裏はお袖と裾のみ。被布は市販の物の飾りを付け替えて。前撮りできちんとしたお着物を着ていたので、お詣り用はちょっと自由にしてみました。髪飾りに小鳥をのせて、レースも使って、薔薇をたくさんあしらって。巾着代わりに小鳥のハンドバッグ。とても可愛くできたのではないかなと、ちょっと自画自賛

自作のお着物は洗濯機で洗えるので、汚してしまったらという心配もなく、足元を靴にしたので足が痛くなることもなく。カメラマンさんなど周りのお話しを聞いておりましたら、やはりこの2つが大変らしかったので、結果的に良かったなと。

お詣りは15日を外したのですが、神社はハイシーズンにも関わらず人も少なく、天候にも恵まれ、道行く人におめでとうとたくさん祝われ、嗚呼、七五三ってめでたい日なのだなと改めて気付きました。こうして見知らぬ人にも祝わっていただけて、ありがたいなと。本当に良い日でした。

何もできないと言いつつ何もできないから絵を描いているのです。

f:id:sobraniepinks:20210905231111j:plain

絵を描く時はメンタルがよろしくない時なのだと、気付いたのです。という訳での3枚目。そして次4枚目の下描きもできております。

深夜に「嗚呼もう寝なくてはならない」と思いつつ、ペンが紙を擦る音が心地良いなと思います。

色々と、やりたいこと、やりかけが放置されております。毎日、ただ生活をするということだけで時間が過ぎて行きます。掃除洗濯お料理。嫌いではありません。大切なことなのです。ただ、ちょっとだけ疲れております。

ここの所ずっと家の人以外と会話をすることがなく、その家の人とも上手く話せているかというと怪しいところもあり、嗚呼、どんどんコミュニケーション能力が低下しております。そして、こんなに下手ですと、話しても相手を不快にさせてしまうだろうから話さない方がよろしいな。そもそも、特に話すことも、必要も何もないのですと。これが良いのか悪いのか。そうなりますと、ブログの更新も然りで、それでも更新しようとしておりますのは、まだ何処かで誰かと細い糸を繋いでいたいからなのでしょうか。と、いう鬱々。

今年最後の、桃を買いました。昨年は桃の終わりの時期を見誤ってふと気付きますと店頭には梨が並び、柿、林檎と。嗚呼、桃を食べたいなと、頭の隅に今期の桃が並ぶまで漠然とありました。縦に包丁をぐるりと一周させると綺麗に半分に割れ、皮がするんと剥けるのが良い桃です。甘いのは大前提。少し残念な桃でも、水切りヨーグルトかモッツァレラチーズ、蜂蜜かメープルシロップ、お好みで黒コショウをかけますと当たりの桃になります。現状の不安定な今、来年はまた桃を買って食べられないかもしれないなと、今年はきちんと「桃納め」です。桃は美味しいです。そして良い香りがします。

何も変わらなさが更に怖いと思うのです。

f:id:sobraniepinks:20210805235008j:plain

f:id:sobraniepinks:20210805235013j:plain

f:id:sobraniepinks:20210805235042j:plain

昨年の今頃は、例えば夜中に銀座の交差点や雷門のライブカメラをよく見ていたのですが、全く人通りがなく、道行く車すらほぼ通らず、週末ですら変わらず。同じ怖さでも、そんな非日常感が、嗚呼、今は異常事態なのだなと、怖いのも当たり前なのだと思えたのです。ですが今はたまに見るライブカメラでは流石にコロナ前よりは人通りはないものの、それでも確実に人は増えておりまして、日中に所用で外に出ますと、こちらは完全に人出は戻っておりまして。日々の生活は外食と遠出こそできませんが、特に目立って不便することもなく。当たり前に日常が送れてしまうのです。そしてそれが昨年の今頃よりも更に怖いのです。

先が見えず、確かでない先への希望を繋いで、神経質過ぎるかしらと思いつつ可能なことをできる限り徹底致しまして、嗚呼、それでも恐怖が和らぐこともなく。ですがこれ以上何もできることがないとなりましたら、そしたら手元にある楽しみを充分に楽しむしかないのですよね。

未確定の未来の恐怖や不安を想像して、現状を恐怖や不安でいっぱいにする必要性なんてないのだと、昔、私がいつも何かを怖がって生きておりますのを見兼ねた妹ちゃんがそんなことを言いました。勿論、何に対しても準備対策をしておりますのが前提で。

何年かぶりに小鳥と卵のヘッドドレスを作りました。好きなモチーフで前はよく作っていたのですが、実用性に埋もれて忘れておりました。ドールや撮影用にまたこんな感じの物を作ろうかなと。暑さが和らいだら、これとお揃いのワンピースで野外撮影に行きたいなと思います。